dビデオ(dtv)は動画配信サービスの中でも、少し異例な存在として人気があります。

docomoユーザーしか利用できないのでは?と思う人も多いかもしれませんが、実際はどんな人でも利用可能です。

そこでこの記事では

・dtvのサービス内容の説明
・dtvのおすすめコンテンツ
・ほかの動画配信サイトとの比較

などのポイントに分けて詳しく迫ってみたいと思います。

dビデオ ことdtvはdocomo(ドコモ)の動画配信サービス

dtvはNTTドコモとAVEXが運営している動画配信サービスで、2015年にdビデオ powered by BeeTVから現在のdtvに名称が変更されています。

もともと、ドコモユーザーを対象に開始されたサービスでしたが2014年4月からドコモ以外のユーザーでも使えるようになりました。

通信大手のNTTドコモとAVEXがサイト運営しておりコンテンツが充実していることや、コスパのよさが話題を呼びサービス開始からわずか数年で国内トップクラスの人気とユーザー数を誇っています。

dtvを運営している会社の詳細はこちら

・会社概要

運営会社 株式会社NTTドコモ(NTT DOCOMO, INC.)
エイベックス通信放送株式会社
(Avex Broadcasting & Communications Inc)
代表者名 ドコモ:吉澤和宏
ABC:若泉久央
設立 ドコモ:1992年
ABC:2009年
所在地 ・ドコモ
〒100-6150 東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー
・ABC
〒107-8577
東京都港区南青山3丁目1番30号
連絡先 ドコモ:03-5156-1111
ABC:

ちなみにエイベックス通信放送株式会社は、モバイル端末向けの動画配信サービスを目的にドコモとAVEXが共同で設立した会社です。

BeeTVなどもこちらのエイベックス通信放送株式会社が管理・運営を行っていました。

2019年のdtvおすすめ作品及び番組はこれだ!動画作品12万オリジナル限定作品や(BeeTV、Beeマンガ)

dTVで見ることができるおすすめのコンテンツをジャンル別にご紹介したいと思います。

・洋画

【最強のふたり】

世界的に大ヒットしたフランス映画です。
スラム街で生まれ育った主人公のドリスは、目下求職中。
といっても彼は本当に仕事を欲しいというよりは失業手当を目当てに無理めな面接をたくかん受けているというなんとも怠惰な姿勢。

しかし、そんな彼をおもしろいと気に入ったのは大金持ちのフィリップ。
彼は事故によって首から下が麻痺しているため、私的な介護スタッフを募集していたのでした。

思いがけなく職を得たドリスとフィリップの異色の生活が始まっていきますが、育ちもこれまでの考え方もひどく異なるふたりの間には次第に友情が芽生えていきます。

実はこの映画は実話を元に作られた作品で、最後のクレジット部分でモデルとなった2人が出ています。

心で繋がり合うことの楽しさや美しさを描きながらも、ヨーロッパの低所得層の暮らし方や障害を持つものの生き方などさまざまなテーマがユーモアとドラマを織り交ぜて描かれています。

【セックスアンドザシティ】
SATCの略称で世界中の女性から支持されている、大人気シリーズ。

ドラマからスタートしてから年月を経て、待望の映画化がされたことは記憶に新しいかもしれません。

シネフィルの方からはとかく酷評されがちなこういったジャンルの映画ですが、こと働く女性からの支持率といったら並大抵のものではありません。

それもそのはず、パッと目が惹きつけられるのは彼女たちの華麗なファッションや奔放な恋愛スタイル、おしゃれなパーティーやカクテル片手のガールズトークなのですから。

綿密なウェルメイドの脚本を良しとする人や、ドラマティカルな展開を求める人からすると物足りなさを感じるのは当然かもしれません。

しかし、彼女たちは都会で体当たりで暮らす挑戦者なのです。

キャリアと結婚の両立、家庭生活の維持、どうしても立ちはだかる年齢という数字…など、日々突きつけられる難題に立ち向かうために彼女たちは自らを鼓舞しなければいけません。

それが、一見軽薄にも見えるパーティやファッションなのです。男性がステイタスを車や時計の価格に求めたり、ステキな女性を口説きたいという心理に似ていますね。社会的な成功や都会での暮らしは物欲なしではなし得ないのでしょうか?

ドラマシリーズでは、不運に打ちのめされた主人公キャリーがとてもステキなアパートメントの中で一人でカップヌードルを食べながら月を見るシーンがあります。

こんな心境は性別関係なく共感できるものだと思います。

・邦画

【舟を編む】
三浦しをん原作の実写映画です。
主人公を松田龍平、その上司をオダギリジョーが演じて話題になりました。

出版社で勤務する主人公は、ひょんなことがきっかけで社内の辞書編集部に配属されることに。

辞書をつくるということをメインテーマにしているかなり珍しい作品で、私たちが普段何気なく使っている辞書がどれだけ地道で大変な作業を経て作られているか?ということを学べます。

本当に数十年単位で作られる大変な仕事であることが分かりますね。

ただ、作中にはくすっと笑えるようなユーモアが随所に散りばめられており、肩の力を抜いてのんびり楽しむことができます。

この映画をきっかけに「紙の辞書」ブームも巻き起こるほど人気が出た作品です。

ちなみに、辞書にはファンがいて人気の百科事典などは数万円から十数万円で取引されるほどら価値がつくケースもあるんですよ。

【クリーピー 偽りの隣人】
こちらも小説が原作の映画ですが、サスペンス作品とかなり趣が異なります。

主演は人気イケメン俳優の西島秀俊で、自宅の周囲で起こる不可解な事件の捜査を進めている警察でもあります。

一見するとどの家庭も普通に過ごしているように見えますが、実はどんな人が近所に住んでいるか分からない。自分の家庭すら本当はまともなのかもわからない…そんな気分にさせられる映画です。

主演の西島さんももちろんステキなのですが、注目していただきたいのは怪しい隣人役の香川照之です。

いかにも怪しいおじさんの役をさすがの芸達者ぶりで、たのしんで演じているのが見て取れます。

この点のみだけでも実写化した価値があると言えるほど見応えがある作品となっていますが、どんどん予想を覆される展開でジェットコースターのようなドキドキ感を味わえますよ。

・海外ドラマ

【ストレイン 沈黙のエクリプス】
すでに人気の高いドラマシリーズですが、なんと監督はあのギレルモデルトロ氏が務めていることでも有名です。

ストーリーは、パニックSFといったもの。
人類をウァンパアにしてしまうという計画を持った一部の勢力に立ち向かうために、優秀な疫学者が立ち向かって行くという壮大なものになってます。

ゾンビもので同様の人気シリーズといえばウォーキングデッドがありますが、よく考えればゾンビもヴァンパイアも噛まれたら仲間になってしまうという面で同じカテゴリだともいえるかもしれません。

演出も豪華で見ていてびっくりしてしまうので、海外ドラマファンにはとてもおすすめな作品です。

【ウォーキングデッド】
言わずと知れた人気作品で、ここ数年来海外ドラマといえばこのウォーキングデッドが人気ナンバーワンの座を守り続けています。

ゾンビが支配されてしまったという恐ろしい世界を舞台に自らの家族を守るために孤軍奮闘するというストーリー。

現在までシーズン8まで放映されていますが、本場アメリカでもその人気は絶大です。
アメリカは民放のほかにケーブルテレビが人気なのですが、ウォーキングデッドはその全てのケーブルチャンネル中でも歴代最高の視聴率を記録しています。

その人気はドラマだけにとどまらず、アメリカのユニバーサルスタジオではウォーキングデッドの世界を味わえるアトラクションがあるほど。

この世界観を支えているのはハリウッドでも最高峰のCG技術を誇る技術チームで、まるで本当にそんな世界があるような錯覚に陥ってしまうほどリアルに作り込まれています。

・日本のドラマ

【東京タラレバ娘】
2014年に連載スタートした漫画を原作として実写化された作品です。

大人の女性の胸を打つパワーワードや心理描写がこれでもかというほど満載で、幅広い女性から人気を集めています。

こちらのドラマでは、主演に由里子、大島優子、榮倉奈々などが揃っておりますます。
他にも田中圭や坂口健太郎など、イケメンキャストも揃っていて目でも楽しめますが、容赦ないセリフがグサグサと刺されていきます。

劇中では不倫や元カレとの火遊びなど恋愛も重要なファクターとして描かれていますが、それだけではなく心理描写も細かく描写されており働き盛りの年代であれば性別関係なく染みるのではないでしょうか?

普通に働いて友達もいるけどどこかくすぶってしていたり、大人になっていると自分の足りていない部分を直視することがむずかしくなることに共感を覚える人はたくさんいると思います。

ドラマも終わり、原作も完結しましたのでブームが落ち着いた感もありますが東京オリンピックが来年とようやく差し迫った今の時期に見直すと、より臨場感があって一味違った楽しさがあるかもしれません。

【コウノドリ】

こちらも漫画原作の作品ですが、だいぶ趣が違います。

産婦人科を舞台にして、命の誕生までとそれからの生活を丁寧に描かれており全シーズンを通して人気の高いドラマです。

自分が当事者ではないと、妊娠出産は当然うまく行くと思ってしまいがちですが、実際には必ずしもそうとは限らないケースも存在します。

未熟児であったり、出産前診断により障害が未然に分かった時に異なる選択をした家族を描いたり…
生命の誕生はまさに命をかけて行うことで、どんな選択をしたとしても正誤を問うのは難しいことが学べます。

また、舞台となる病院の事情についても細かくスポットが当てられています。
医師不足や病院のシステム、全力で対応する医師の心境など普段では知ることのできない裏側も知ることができます。

レギュラー出演する医師側の俳優陣には、綾野剛をはじめ吉田羊、松岡茉優、大森南朋など実力派が揃っています。

医療ものでもありつつも、ヒューマンドラマとしての性格をもつ暖かい物語です。

ご夫婦や恋人同士で見るのはもちろん、ご家族で見ていきたい物語ですね。

・アジア作品

【トッケビ】
現代と高句麗の時代を舞台にしたファンタジー色の強いラブストーリーです。

タイトルのトッケビというのは、朝鮮半島に古来から伝わる精霊のことでチェジュ島など一部の地域で祭事も残っているそう。

トッケビやドケビとも言うなど日本でいうと、なまはげのようなものがイメージとしては近いでしょうか?

地域や時代によって内容や性質は異なるものの、劇中では永遠の命をもつ精霊として描かれています。

朝鮮三国時代、高句麗の武士として生まれたキム・シンは不思議な力によって永遠の命を持つトッケビに化身します。

900年以上生き続ける彼を数奇な運命から解き放つことができるのは、トッケビと運命で結ばれた花嫁だけ。

現代の韓国でそのトッケビの花嫁だと自称する女性が現れて…

この伝説を元にしたドラマは2016年に放送され、日本でもテレビ東京で民放放送されました。

主演を務めた俳優のユン・ユは日韓で女性から熱い支持を得ることに。

不思議な世界観とロマンチックなラブストーリーという点では、あの人気作品の「星から来たあなた」と通ずるものがあるかもしれません。

スケールが大きく1話1話が映画のようなクオリティで、話が進むにつれだんだんと涙なしでは見れません。
おもいきりロマンスに浸りたいときにおすすめの韓流ドラマです。

【宮廷の諍い女】
いさかいめ、とはすごいタイトルだと感じますが中国で流行した時代ものの「後宮・甄嬛伝」というネット小説を原作に2012年にドラマ化されました。

後宮の女性たちのドロドロのいさかいを描いたもので、まさに中国版の大奥だと言えるでしょう。

原作では特に時代が定められていないものの、ドラマでは雍正年間(清朝)が舞台となっています。

中国後宮のスケールの大きさや華やかさは、さすがとしか言いようがありません。

美しい衣装に身を包んだ美女たちが鬼の形相で罵り合うのはかなりの迫力で、見ているこちらが縮み上がってしまいます。
だれかが寵愛を受けたと思ったら、誰かは嫉妬に燃えるあまり策略を張り巡らされていたり…人間の業の深さに驚きを感じえません。

2011年から2012年にかけて放映されましたが中国語圏内での支持率はすさまじく、中国本土・香港、台湾でも大きな話題となりました。
あまりの盛り上がりにこのドラマが「神劇」と言われたほど。

日本でもその後放映され華流ファンを中心に注目が集まりました。

やはりこういった後宮での女の争いというモチーフは古今東西人気があるものなのですね。
とはいえ、キャットファイトだけが描かれているわけでなく清朝の制度を学ぶことができるので、歴史が長くこんがらがってしまいそうな中国史専攻している人にもぴったりです。

・オリジナル

dTVでは劇場作品のオリジナルスピンオフ作品なども作成されています。
中でも人気が高いのが以下の作品です。

【進撃の巨人ATTACK ON TITAN 反撃
の狼煙】

映画化もされた大人気作品、進撃の巨人のスピンオフドラマです。

dTVオリジナルのこちらのドラマでは、映画版よりも詳しく巨人と兵士との戦いを見ることができます。

CGのクオリティは高い水準で、本当に巨人がこわいのが特徴ですね。
全3話ですが、映像レベルやクオリティはひとつひとつが映画版さながら。

動画配信のオリジナルコンテンツをおまけ程度に考えている人が見たら驚いてしまうことは間違いないでしょう。

今更あらすじをご紹介することもないかもしれませんが、舞台の地方や時代は不明。
突如出現した巨人から身を守るために作られた要塞の中で暮らす人類の中から、調査団として外の世界へ出ることを決めた主人公・ミカサを中心として巨人との戦いを描くパニック作品です。

2019年にはアニメ3期が、その後はなんとハリウッド映画化も予定されているので世界観をおさらいするにはいい機会かもしれません。

【アイアムアヒーローはじまりの日】

こちらも大人気漫画から実写化されたという作品ですが、内容はゾンビ物。

原作および映画のストーリーは、冴えない中年男のマンガ家がうだつの上がらない毎日を過ごしているところから始まります。

しかし、街では謎の事件が頻発していきます。それはとあるウイルスの感染者に噛みつかれると、ゾンビのような状態になってしまうというもの。
いつしかウイルスはパンデミックをし、爆発的に広まっていきます。
その感染者をZQNと呼称し、戦っていくという話です。
こういったパニックホラー的な物語としては、さいきん珍しいほどの古典的な設定です。

しかし、主人公の冴えない日常を丹念すぎるといってもいいほど、丁寧に描かれていることから観衆の共感を引きつけて物語が展開されるなど、話運びが精密に描かれていていつのまにかその世界観に引き込まれてしまいます。

このスピンオフドラマは、ウイルスがパンデミックを起こす以前、なぜZQNは発生したのか?
という真相に迫るヒントが描かれており、全5話にわたって独特な世界観を楽しむことができます。

・Beeマンガ

他のサービスではなくdTVならではのユニークなポイントといえばBeeマンガが挙げられるでしょう。

マンガをスライドショーのようにページを動かしていき、ページ内のセリフをプロの声優が読み上げて行ってくれるというもの。
さらに、効果音やエフェクトもかけられるので普通にマンガを読むよりもずっと臨場感たっぷりに迫力を増して楽しむことができるんです。

製作の現場では、アニメのアフレコのように声優が声を当てています。
プロや人気の声優さんが吹き込むので本当に、アニメーションや映画を見ているような感覚になれますよ。

だいたい1話あたり10分ほどあれば追えるので、暇な時や色々な作品をたくさん見たいときにぴったり。

まさに、まんがを読むのではなく「見るマンガ」という新しいかたちのコンテンツですね。

電車の中や、待ち合わせの空き時間なども退屈せずに楽しむことができそうです。

ラインナップは目下拡大中で、

・闇金ウシジマくん
・GTO
・グラップラー刃牙
・ビーバップハイスクール
・近キョリ恋愛
・今日、恋をはじめます

などの人気タイトルが揃っています。

そして、dTVオリジナルとして「池袋ウエストゲートパーク」をコミカライズして見るマンガ化するなどここでなければ見られない作品もありますよ。

料金プランをご紹介。月額料金はなんと500円

dTVの基本的な料金プランはこのようになっています。

月額料金 500円(税抜き)
有料レンタル
ドラマ 150〜300円/1本
アニメ 200円/1本
映画 300円〜500円/1本

基本料金は月々500円とかなりお得、こういった動画配信サービスの基本料の目安は1,000円から2,000円ほどのところが多いので少なく見積もっても半額以下で利用出来るということになります。

有料レンタルのコンテンツの値段の違いは、その作品の人気度合いや新着かどうかが関わってきます。

同じ作品だったとしても、画質によって料金が100円程変わるので注意してくださいね。

また、これ以外にも docomoが提供する関連サービスとのセットメニューもあります。
それぞれひとずつ契約するよりもお得なのでご紹介しますね。

・dTV +DAZNセット

プロ野球やサッカーなど、130種類以上のスポーツの試合が見られるDAZNとのセットです。

docomoユーザー 1,280円/月額
ドコモ以外 2,050円/月額

・dTV +dTVチャンネルセット
こちらはディズニーなどの大手スタジオの映画やアニメが定額で見られるセットです。

docomoユーザー 980円/
ドコモ以外 1,480円

・dTV + dTVチャンネル +DAZNセット

スポーツもドラマもアニメも!という欲張りなあなたにおすすめなのがこちらのセットです。
お父さんはスポーツ、お子さんはアニメ、お母さんはドラマ…など広いニーズに応えることができるのでファミリーにもおすすめです。

docomoユーザー 1,760円
ドコモ以外 3,030円

無料トライアルは充実の31日間

動画配信サービスでは無料でサービスをお試しできる期間があります。

このトライアル期間はサイトによって異なりますが、dTVではたっぷり31日間サービスを無料で試すことができます。

たっぷりとした期間がとられているので、実際のサービスはどんな感じかを吟味して本登録をするかどうかを決められるのが嬉しいですよね。
もちろん気に入らなければ途中解約をしてもOKで、その場合は一切お金はかかりません。

見放題のコンテンツは12万本あり、アプリ等もあるので気になるかたは是非無料トライアルから進んでみてください。

支払い方法はこちら

dTVで使える支払い方法は、
・ドコモキャリア支払い
・クレジットカード支払い
・デビットカード支払い

の3種類です。

ドコモのスマホを使っている人は、毎月の携帯料金と一緒に請求されるので一括で支払いができてお手軽。

ドコモユーザー以外の人は、クレジットカードかデビットカードを使う必要があります。

Visa
MasterCard
JCB
American Express

の4種です。

ダイナーズクラブや海外のクレジットカードは対応していません。

学生やクレジットカードがない人は、デビットカードを利用するといいでしょう。

ドコモ利用やdTV利用でたまるdポイントは、有料コンテンツの支払いには使えますが月額料金の支払いには使えません。

動画のダウンロードで容量を節約しよう

レンタルや購入できるコンテンツでは、ストリーミング再生だけでなく端末にダウンロードして視聴できます。

そのため、映画などの大きなサイズのデータは、Wi-Fi環境でダウンロードしておいて後で見るという方法でパケット代を節約するといいでしょう。

端末に保存しておけば、オフライン環境でも再生できるので地下鉄など電波が繋がりにくい人でも動画が楽しめます。

ダウンロードの方法は、スマホやタブレットでダウンロード機能を利用できます。

アプリ利用の場合は画面下部にある「DL」ボタンをタップするだけ。
ダウンロードする画質も選べます。

レンタル期間中であれば普通に見られます、ただ端末にダウンロードしたものであっても期間をすぎたら視聴はできないので注意してください。

また、作品によっては端末ダウンロードに対応していないものもあるので、その都度確認するようにしてくださいね。

画質はいいの?倍速再生を行える4K端末に対応可

dTVの画質は、 HD・きれい・すごくきれいと段階に分けられています。

そのため、スマホやタブレットなどのモバイル端末から大画面テレビまで最適な画質で楽しむことができます。

自動モードを選択すれば、その時見ている端末で最適な画質を選択してくれます。

画質設定は再生画面からすぐに変えられるので、通信量を節約することができますよ。

再生スピードも、2倍速まで早められるので早送りをしたいときにも使えますよ。

dtvのメリット

・月額料金が安い

まず、dTVのメリットとして挙げられるのが月額料金の安さではないでしょうか?

だいたい平均的な相場の半額ほどで利用できることになります。

・長期利用でドコモポイントがもらえる

ドコモポイントは、ドコモのスマホやタブレットを利用していると毎月もらえるものの他にdTVの有料コンテンツの支払いに利用できます。

・BeeTVオリジナルコンテンツが充実

BeeTVはNTTdocomoやAVEXという超巨大企業が提携して作られた会社なので、資本的な体力が充実しています。

そんなこともあってか、AVEXやNTTが出資している映画のスピンオフ作品も高クオリティで作成できたり、音楽コンテンツも充実させることができるんです。

・アプリの操作性が良くスマホなどで使いやすい

スマホ用のアプリなども使いやすく、操作性が高いと高評価をえています。

ちょっとした画質や早送りなどの操作は、動画再生したままでも利用できます。

Android、iOSの両方のOSに対応しておりdTV公式サイトからリンクを選択するか
App storeかGoogle playのディベロッパーで「dTV」で検索してみてください。

・dtvVRもあり

最近ではVR配信もスタートされ、自分が物語の中に入りこめます。

タブレット等でVRを利用する場合は専用の「dTV VR」をインストールした上で、VR用のゴーグルを用意してください。

dTVでは専用のVRスコープを無料配布していたイベントもありましたが、VR対応のゴーグルであればなんでも見られます。

安いものは1,000円から3,000円程度で利用できるのでゲームを良くする人などは買ってもいいかもしれませんね。

デメリットはこんなものが

ただ、デメリットとして気になる点があるのも事実です。
主に気になるデメリットには、こんなものがあります。

・再生できるのは1つの端末だけ
・視聴できないブラウザがある
・R指定の成人動画を期待している方にはおすすめ出来ない
・ゲーム機には未対応
・登録可能端末は5台まで
・ドコモユーザー以外はクレジットカードのみで対応

とくに支払い方法が選べないことや、googleChromeで再生できないなどが気になりますね。

利便性の点ではあまり柔軟であるとは言えません。

他のサービスとの比較

ほかの配信サービスとサービスの面で比較したデータを表にまとめてみました。

dTV ・本数 12万本以上
・月額料金 500円
・画質 標準画質〜ハイビジョン画質
・無料トライアル 31日間
Netflix ・本数 非公開
・月額料金 1,990円
・画質 標準画質〜4K
・無料トライアル 1ヶ月
amazon prime ・本数 50,000本以上
・月額料金 400円
・画質 標準画質〜4K
・無料トライアル 31日間
Hulu ・本数 50,000本以上
・月額料金 933円
・画質 HD高画質
・無料トライアル 2週間

解約の流れと解約方法。日割り計算はないのでご注意

dTVを解約する場合の手順をご紹介します。

1.まずはログインしてアカウントページを表示


2.メニュー一覧から「脱会」メニューを選択


3.確認事項を確認


4.すべて確認したあと「手続きを完了する」をクリックして手続きを完了。

また、料金は1ヶ月単位で計算されて日割り計算はされないので解約したい場合はなるべく同月中、月末にすると余計なコストを抑えられます。